ワークショップレポート詳細

ワークショップレポート

CAMP とあるドローンの冒険ワークショップ
~ドローン×プログラミング~@東京大学

00
  • 開催日:2022年11月06日
  • 運営:SCSK株式会社
  • 会場:東京大学 情報学環・福武ホール(東京)
  • 対象学年:小5 ~ 中3
  • 参加人数:12名

2回目のドローン×プログラミングのワークショップ、この日も12名の小学5・6年生、中学生が参加しました。ドローンを擬人(ぎじん)化、2メートル四方のぶ台の上でのドローンの冒険(ぼうけん)ストーリーを考えました。ストーリーを表げんする小道具をつくり、なかなか言うことを聞かないドローンとしんぼう強く向き合い、うまくいかない理由を考えたり何度も何度もプログラミングを調整したり、60分のせいさく時間もあっという間!最後は自分たちでナレーションをつけながら発表しました。

ワークショップのようす

01

1.    こんにちは!
ワークショップ当日は紅葉がきれいな晴れた日になりました!
 

02

2.    始まり
2回目のドローンを使ったワークショップスタートです
 

03

3.    グループ分け
今日は3人グループでせいさくするよ。くじを引きます。ドキドキ・・・
 

04

4.    じこしょうかい
自分の好きなことや苦手なものを、グループのメンバーにしょうかい。何か共通点はあるかな?
 

05

5.    ドローンのプロフィールを考えよう①
各グループにドローンさん(?)が加入!「目」を付けると、なんだかかわいくなりました
 

06

6.    ドローンのプロフィールを考えよう②
ドローンが人みたいに感じょうを持っていたら・・・?まずはじっと見つめて、せいかくを考えてみよう
 

07

7.    ドローンのプロフィールを考えよう③
こちらは「おおらかドローン」さん。だれとでも仲良くなれるんだって
 

08

8.    アイディア出し-ハプニングと冒険(ぼうけん)ルートを考えよう
ドローンがハプニングにそうぐうするとどんな動きをする?ハプニングの内ようと冒険するルートを考えます
 

09

9.    せいさく-小道具の工作①
「れいばい師(し)」の文字が!こちらのグループが考えたハプニングは一体何・・・?
 

10

10.    せいさく-小道具の工作②
黄色と赤色の2つのぶ台。どうやら赤い部分は知らない星なんだって
 

11

11.    せいさく-ドローンのプログラミング①
工作が出来たら、ドローンのリアクションや動きをプログラミングしよう。ぶ台の上で相談中
 

12

12.    せいさく-ドローンのプログラミング②
何センチ前に進ませる?しっかりきょりをはかります
 

13

13.    せいさく-ドローンのプログラミング③
ドローンがとびらの方へ・・・なかなか思い通りにいきません
 

14

14.    せいさく-ドローンのプログラミング④
こんなに長いプログラムになりました!
 

15

15.    せいさく-ドローンのプログラミング⑤
何度も何度もかくにんして、調整します
 

16

16.    発表のじゅんび
発表シートを記入して、読む練習をしよう
 

17

17.    発表会①
どんな作品になったのかな?ドローンのせいかくやぶ台をしょうかいしたら、ドローンを動かします
 

18

18.     発表会②    
ドローンの風で、ぶ台の上にいる人が動いている!?みんなビックリ
 

19

19.    おしまい    
みんなから感想をもらって、うれしかったね。またCAMPに来てね
 

作品紹介

参加者の感想

プログラミングをする機会が少ないので、このような場でプログラミングを体験できるのは良い体験になったと思いました。
さいごの方なれてきてたのしかった。
かくしどりが思ったよりされていてびっくりした。
本番に失敗して最悪だった
プログラミングはやったことがあったけど、ドローンをうごかしたことはなかったので楽しかったです。
小さい子の考えがかわいかった!!
とても楽しかったです!!!
発表で失敗して悲しい
すごくたのしかったです。
ドローンとプログラミングという最近注目される2つを組み合わせたのがとても楽しかったです。
とても楽しかった!!!
今回、ひさしぶりにワークショップに来たのでとても楽しかったです。